ぼくのはじめてのちょうせん

最近機材のメンテナンスが必要な事が多々ありまして
機材探しにネットではなく自分の足でテクテクしてたりもしておりまして

道中にただただ歩いてたら
大きめの木の周りをカラーコーンで囲まれてるところがあったのね
んで、なんだろな?と思いながら何気なしに歩いてたら

ずりーーーーーんっ!!!

と足を滑らせまして

そのずりーーーーーんっ!!!の瞬間一瞬にして

おいおい、ここは氷上かい?ここだけ氷上なのかい?

と思ったくらい滑ったもんだから

あかん、転ぶ…ド派手に転んで何が起こる!!と思ったけどなんとか持ちこたえたのね


多分、こんな感じになってたと思う
体感上はこんなポージングでキメてた
転んでない

自分の人生で一度くらいはフィギアスケートをやっているところをイメージした事があったかもしれない
多分それが唯一活きた瞬間だったと思う

何食わぬ顔でその場を後した

けどその時タバコを落としたらしくまたちょっとしてからそこに戻ったんだけどね


んで、そんな事よりも
最近、サンダーバード のチューニングする時にくるくるする部分であるペグを変えたんだ
9月のライブでドラムのシンバルスタンドにベースを強打した時に回すとこ
ろが消え去ったから
これじゃあ人間の握力じゃあ回せねぇわ
って事で交換を決意

これな

おわかりいただけただろうか…

ないね、つまむとこないよね

んで、サンダーバード ってヘッド落ちがすごいじゃないですかぁ?
手を放すとスススス…っと落ちてくじゃないですかぁ?
なので調べた結果、軽いペグにすれば良いのだ!と言う結論に至り

これ

ゴトーこと


『GOTOH』
GBR640
君に決めたっ!
hipshot のultraliteと迷ったんだけど
重量、価格に大差がなかった為
made in japanであるこちらを選択
このタイプであれば加工なしでサンダーバード に取り付けられるだろう


だろう運転をしていたら

合わないんですねぇ
既存のペグを取り外して取り付けようと思ったら元の穴の方がちっさい
あと穴がキレイではない!
こういった面でもmade  in japanはしっかりしてるんだなと

とにかく穴の大きさを合わせなくてはならない

リペア に出す
自分でやる
諦める

の中から
『自分でやる』
を選択

原理的には難しい事はないんだけど、道具がね

これがあればなぁって言うのがいくつかあったけど持ってるやつでやるしかないし、時間もないから

ヤスリとペーパーで

鳴かぬなら鳴かせてみせよう

んで、ゴリゴリっと少しづつ削って
ペグを当てて合わせてみて
また削って
ペーパーで整えて、程よいサイズになったところで当て木してコツコツと軽くハンマーで叩いて

取り付けて裏のネジで止めると
ネジ穴の位置も元が割と雑いなと言う発見もあり
ネジ穴の位置も合わねぇじゃんって思いつつも合わないところは新しく空けて取り付け完了!

1個目にしてクソ時間かかってしまったよ
絶望じゃんって思ったけど2個目、3個目とやると全然短い時間でやっていけるね
それはコツを掴んだから

木屑すんごいけどね

ペグを2個取り付けたあたりでベースの重さ変わったかなぁ?背負ってみようかなぁ
と思ったけど、いかんいかん!全部取り付けるまで我慢我慢と自分との小さな闘いをしてみて

できたのがこれ
よい!かっこよいわ!
前のやつは燻んだ感じがイカしてたけどこのピカピカも良しとしよう!

ちなみに既存の物を取り外して新しい物と手に持ってペグのみで重さを比べてみたけど明らかに重さ違うなってわかるレベル

ベース背負ってみる

軽いのわかる

俺喜ぶ

ヘッド落ちも少ししなくなった

俺喜ぶ

ヘッド落ちするベースって無意識に支えながら弾いてることになっていることに気づいてその負担が少しでもなくなったらと思って試してみたかったのも交換を決意した一因だからね

んで、これ、このペグは横についてる部分に六角レンチ使ってペグを回す時の重さ変えられるのね
始めはかなり軽めに設定してあったから重めに変えた
というかサンダーバード のペグ結構回すの重めだったなぁ

あと、驚いたのがチューニング
今まではチューニングする時に針が定まるまでに時間がかかったというかなかなか定まらなかったんだけど
こいつにしてからピタっと言っても過言ではないレベルの安定感!!驚き!!

んで、もういじってしまったからついでにブリッジも変えたくなってきたからブリッジなんかないかなと思ってTBVIの2号さんに相談
彼は相当なサンダーバード マニアだからな

BABICZ
FCH-3PT Chrome

これが気になっとる
手に入れられる様になったら即変えてやるぜ!
どんどんいい音になっていってくれよな!俺のサンダーバード !!

ということでたまにはベーシストっぽい内容で長々と書いてみました!

読んでくれた人に感謝!!
ざすっ!!

良いね!!

蟲の息 -MUSHI NO IKI- Official Website

蟲の息 -MUSHINOIKI- official web site

0コメント

  • 1000 / 1000